黒澤明監督の映画を無料で見れる動画サイトを紹介します

没後20年を記念して黒澤映画の見放題キャンペーンを実施中です。無料視聴法の詳細をご紹介します。

黒澤明の映画「乱」を無料フル視聴できます!【没後20年記念】

黒澤明「乱」は、1985年(昭和60年)に東宝系列で劇場公開された日本とフランスの合作映画です。主演は仲代達矢

 

f:id:koaragogo011:20180906185247j:plain

動画配信サービスで有名なU-NEXTでは黒澤明没後20年を記念して黒澤監督作品を見放題サービス中です。

 

無料の会員登録をするだけですぐに視聴できます。


こういうチャンスを生かさない手はないと思うので、必ずチェックされるのをオススメします。

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

黒澤明の傑作映画「乱」について
リア王をベースにした映画、それが「乱」です。

 

「乱」の凄さはやはり、映像の美しさで今まで見て来た時代劇で映画史上屈指の美映像作品と言えると思います。

 

壮大な情景がそれまでの時代劇と違い日本であって日本ではない美しさを感じます。


この「乱」の最大の見どころは、やはり燃える城の中から22段もある階段半狂乱になった仲代達矢演じる秀虎が下りてくるシーンです。


仲代達矢は4億円の城を燃やすシーンで、失敗は許されないため物凄いプレッシャーがあったはずです。

 

しかし、彼はは秀虎になり切り、燃え盛る火の中足元を見ることをなくゆっくりと下りて来るシーンを成功させています。


仲代達矢の迫真の演技であの城が燃えるシーンは、乱を見て長い年月が経っても忘れることが出来ないでしょう。


秀虎が半狂乱の状態になって城の中から出て来るのを、外にいる兵士たちはその妖気のような不気味な雰囲気のため誰も手を出すことが出来ません。

 

仲代達矢が本当に半狂乱になったのではないかと思えるほど見事な演技でした。


人間のやっていることを天の視点から見てその愚かさを表現している映画が「乱」です。

一つの家族内で起こる悲劇を通して黒沢明は、人間の愚かさを見事に演出しています。


ぜひご覧ください。

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

黒澤明の映画 生きる 感想&無料視聴方法はこちら!

黒澤明監督作品「生きる」は、1952年(昭和27年)東宝製作、配給で劇場公開されました。主演は志村喬です。

 f:id:koaragogo011:20180906144506j:plain


動画配信サービスで有名なU-NEXTでは黒澤明没後20年を記念して黒澤監督作品を見放題サービス中です。

 

無料の会員登録をするだけですぐに視聴できます。


こういうチャンスを生かさない手はないと思うので、必ずチェックされるのをオススメします。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

「生きる」あらすじ


情熱を忘れてしまい、役所で与えられた仕事を流れ作業のように行っている男性が、自分が胃癌に侵されていることを知り、これまで当たり前に通っていた仕事をやめて、パチンコなどに明け暮れ、それでも心は満たされることがなく、役所をやめておもちゃやに働こうと決め、そこで子供が喜ぶおもちゃを作る女性に出会い、その後市役所に戻っていき、五ヶ月もたたずに男性がなくなってしまいます。

 

情熱を失い、死を意識し、自分の人生というのを見つめていくという、黒澤作品のなかでもヒューマンドラマに溢れた作品だと思います。死を意識していないと出来なかったことや、当時のお役所仕事に鋭く目をつけた黒澤監督は素晴らしいと思います。


この作品を見て、私は今何をすることができるのか、本当に今行っていることが正しいことなのかということを常々考えながら行動をしなくてはならないと考えるようにもなりました。

 

市役所に戻った主人公がその後公園の整備などに力をいれていたことを知った家族はきっと誇りだっただろうと思います。自分が死んだときに、誰かが自分の生きていたことに誇りを持つことができるような生き方をし、死を受け入れていかなくてはならない、そう思わされる映画です。

 

?

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

黒澤明監督の白痴を無料でフル視聴できるサイトはこちら【没後20年】

黒澤明の「白痴」は1951年(昭和26年)松竹配給で公開されました。

f:id:koaragogo011:20180906145254j:plain

 

動画配信サービスで有名なU-NEXTでは黒澤明没後20年を記念して黒澤監督作品を見放題サービス中です。

 

無料の会員登録をするだけですぐに視聴できます。


こういうチャンスを生かさない手はないと思うので、必ずチェックされるのをオススメします。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

「白痴」について


ドストエスキーの小説「白痴」を原作にし舞台をロシアから北海道に移して作られた黒澤明監督の名作。


戦争で精神を病みそのために白痴とよばれることになった至って純粋な男と復員途中に出会った裕福な息子、彼等は札幌の美術館である一人の美しい女性の写真を見つけます。

 

そしてそれをきっかけに三人と周囲を巻き込む壮大で美しくそして赤裸々な物語が始まります。


この映画は、もともと約4時間半の作品だったのですが、松竹の意向で一般公開前に約3時間に短縮されたため、カットされた映像の一部が説明文に変えられています。


しかしこの作品は、ドストエフスキーの作品を映画化したものの中では最高傑作だと言われています。


完全版が残されていないのが非常に残念です。


映画の舞台をペテルブルグから北海道に変えたにも関わらず、それによる違和感を見ている側にほとんど感じさせない点はさすがです。


ヒロインの妙子と綾子はどちらも美しく、2人の争いは見ていて非常に面白いです。とりわけ素晴らしいと感じたのは、亀田が妙子に死刑の話をする場面のあの恐怖感と緊張感です。

 

この作品の肝は、白痴とされている主人公をドストエフスキーは美しい人間として描いたという点です。


私はこの主人公を白痴だと思うことはできませんでした。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

映画 一番美しくのあらすじ 黒澤明没後20年キャンペーンにつき無料視聴できます!

黒澤明の「一番美しく」は、1944年(昭和19年東宝製作の映画です。もちろんモノクロ作品。

 

f:id:koaragogo011:20180906145739j:plain

 

動画配信サービスで有名なU-NEXTでは黒澤明没後20年を記念して黒澤監督作品を見放題サービス中です。

 

無料の会員登録をするだけですぐに視聴できます。


こういうチャンスを生かさない手はないと思うので、必ずチェックされるのをオススメします。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

「一番美しく」のあらすじ

 

「一番美しく」は大平洋戦争末期の軍需工場の少女工員たちを描いた、零戦も戦艦も空襲もなく、死者さえ出ない戦争映画。


非常増産強調運動と題して女子に課せられた増産割当は、現行の5割。


しかし彼女たちはそれに満足せず、「もっとできると思うんです」と男子(増産割当は10割)の3分の2の目標を掲げます。


最初のうちは生産量がどんどん伸びていくのだけれど、次第に疲労が蓄積し、けが人が出たり、些細なことで工員たちの間にケンカが起こったりするようになります。


少女たちは大人たちの助けもありつつ、困難を乗り越えてゆく……それはまさに後のスポ根ものを思わせるものです。

 

「人格の向上なくして、生産の増産無し」


なんて言葉が良く出てくるんですが、これなんて少し言葉を変えればスポ根ものに出てきそうな台詞ですよね。


戦時中に日本の戦後が形作られていたという言説があるそうなんですが、それを確認できるようなシーンが結構あったことが印象的でした。


後のスポ根に似ているという部分は勿論。親の反対を押しのけて、工場勤務に励む姿に家制度の衰退を見ることが出来るでしょうし、女子の増産量が男子の半分であることに抗議して、増産量を増やすように頼み込むことなんて、ウーマンリブのはしりと見ることも出来るでしょう。


また画面の端々に現れる軍国主義にどっぷりはまった日本の姿を物珍しげに見るだけでも、楽しめるかもしれません。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

黒澤明の映画 赤ひげを無料視聴!没後20年キャンペーンを利用

黒澤明監督の「赤ひげ」は1965年(昭和40年)東宝の配給で公開されました。
三船敏郎加山雄三など名俳優が多数出演しています。

 

f:id:koaragogo011:20180906151301j:plain

 

動画配信サービスで有名なU-NEXTでは黒澤明没後20年を記念して黒澤監督作品を見放題サービス中です。

無料の会員登録をするだけですぐに視聴できます。


こういうチャンスを生かさない手はないと思うので、必ずチェックされるのをオススメします。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

「赤ひげ」について


「赤ひげ」は山本周五郎の『赤ひげ診療譚』を原作にした映画です。


若い蘭学医の保本登と、貧しく病に伏せる人々へ手を差し伸べる老医師の師弟が主人公です。

 

私は自分でも涙もろい方だと自覚はありますが、とりわけこの『赤ひげ』は何度見ても泣かされてしまいます。

 

心に深い傷を負った少女が、徐々に心を開き他者への優しさを見せていったり、死の床で男が語る悲恋の話だったり、とにかく涙腺に来るエピソードばかりです。


本作では、黒澤映画常連の三船敏郎が老医師の赤ひげを演じています。

 

暴れん坊だったり刀を振り回している印象の強い、黒澤映画での三船敏郎でしたが、この映画ではどっしりと落ち着きのある、年老いた貫録を感じさせる役柄となっています。


ちなみに三船敏郎はこの映画が最後の黒澤映画への参加となりました。

 

それにふさわしい、今までの積み重ねの魅力を感じさせる役だったと思います。


また二木てるみ演じる、虐待によって心を閉ざしてしまった少女のキャラクターも、ものすごく好きです。

 

若い医師はなんとかこの少女を救おうと、心を許してもらえるよう尽力するのですが、どうもうまくいかず難航します。

 

でも次第に、人々と触れ合ううちに、少女の心は溶けていき、まさしく獣のようだった目つきも優しくなっていきます。

 

この冷たい氷が春の日差しでゆっくり溶けていくような、そんなじっくりとした少女の心模様の変化をとてもとても繊細に、暖かく描いていて、こういった暖かい目線にも、思わず涙がこぼれてしまいます。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

黒澤明のデルス・ウザーラのネタバレ ただいま没後20周年記念キャンペーン中!

デルス・ウザーラ』は日本とソ連の合作映画で、1975年に公開されました。


動画配信サービスで有名なU-NEXTでは黒澤明没後20年を記念して黒澤監督作品を見放題サービス中です。

無料の会員登録をするだけですぐに視聴できます。

こういうチャンスを生かさない手はないと思うので、必ずチェックされるのをオススメします。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら


デルス・ウザーラ」はロシアのハバロフスク地方の大自然を舞台にした、探検家一隊と現地の猟師「デルス・ウザーラ」との交流を描いた作品です。


主人公の探検家アルセーニエフは、森の中でゴリド人の猟師デルスと出会い、道案内を頼みます。

 

最初、主人公や探検隊の仲間たちは、物や太陽、ただの火まで人間として扱い話しかけるデルスに対し、「変な奴」と面白がっていたのですが、次第にデルスの自然に対する敬意を持った考え方、他人への思いやり、自然界で生き抜く驚異的な能力を目にし、デルスを尊敬するようになっていきます。

 

特にアルセーニエフはデルスに間一髪のところを救われたこともあり、デルスを親友として慕うようになります。


しかし、自然の中で生きることは、たとえデルスにとっても簡単なことではありませんでした。


デルスは「老い」という、どうしても避けられない苦しみから、次第に自然で生きることと自分の出来ることが噛みあわなくなってきていることに気づきます。

 

そしてデルスは、自然の中で生きることをあきらめ、アルセーニエフの家に居候することになるのですが…。

 

人には輝かしく生きられる場所と、死んだようにしか生きられない場所があるのだということ、死んだようにしか生きられない場所では、人は病んでいくのだということ、これらをまざまざと感じさせられる映画でした。


野に生きてきた獣が檻に閉じ込められるとどうなるか、海原を自由に泳いでいた魚が水槽に入れられるとどうなるか。

 

デルスはどうしても、人間の作った社会の中で生きていくことができませんでした。


ロシアの美しい大自然と、そのなかで起こる残酷で悲しい物語のコントラストに、胸打たれる作品です。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

黒澤明 悪い奴ほどよく眠るのあらすじ 没後20周年無料フル動画開放中!

黒澤明監督の「悪い奴ほどよく眠る」は1960年(昭和35年)に東宝系列で公開されました。

f:id:koaragogo011:20180906155432j:plain


動画配信サービスで有名なU-NEXTでは黒澤明没後20年を記念して黒澤監督作品を見放題サービス中です。

無料の会員登録をするだけですぐに視聴できます。

こういうチャンスを生かさない手はないと思うので、必ずチェックされるのをオススメします。

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

「悪い奴ほどよく眠る」のあらすじ


黒澤明監督の作品の中でも、最も衝撃的なラストと言って過言ではない作品が「悪い奴ほどよく眠る」です。


主人公・西の父親が汚職事件に巻き込まれ、そのかたきを次々と行い、報復を繰り返すという作品になっています。


黒澤映画でおなじみの三船敏郎が非常にクールな姿で登場し、作品の巧妙に作り上げられた雰囲気の増幅に一役買っています。


ストーリーの内容も、汚職事件をテーマにしているのにもかかわらず、どことなくコミカルな感じで進んでいきます。


今現在話題になっている社会問題に対しても通ずるストーリーであり、何度観ても全く飽きません。


全時代に共通するようなテーマを取り上げ、黒澤映画のスパイスが多分に加算されることにより、未来永劫語り継がれるような作品となっています。


黒澤映画の素晴らしい部分が全面に押し出される中、それが最も効果を示しているのが、なんと言ってもラストです。


黒澤明」という人間がいかに「映画」というものに真剣に向き合っているか、また、いかに映画に向いた人間かというのを見せつけられます。


このラストの衝撃力は観なくては分かりません。いつの時代を通してみても、簡単な言葉にはなりますが「傑作」として君臨し続ける作品であると私は考えています。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら