黒澤明監督の映画を無料で見れる動画サイトを紹介します

没後20年を記念して黒澤映画の見放題キャンペーンを実施中です。無料視聴法の詳細をご紹介します。

黒澤明の映画 生きものの記録 を無料で視聴できる動画サイトを紹介します

黒澤明監督作品の「生きものの記録」は、1955年(昭和30年)東宝系でロードショー公開されました。主演は三船敏郎です。

 

f:id:koaragogo011:20180906180326j:plain


動画配信サービスで有名なU-NEXTでは黒澤明没後20年を記念して黒澤監督作品を見放題サービス中です。

 

無料の会員登録をするだけですぐに視聴できます。


こういうチャンスを生かさない手はないと思うので、必ずチェックされるのをオススメします。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

「生きものの記録」について


「生きものの記録」は、黒澤明監督作品の中でも特に、かなりストレートに社会問題を投げかけている作品だと思います。

 

三船敏郎演じる主人公は、原水爆放射性物質への恐怖から、ブラジルへ移民しようと家族に提案しますが、全てを捨てて移民する気になれない家族に拒否されてしまいます。

 

主人公の原水爆への恐怖は日に日に高まっていきますが、周囲はそんなこと知っちゃこっちゃなしです。

 

主人公は「なぜ水爆実験が行われているというのに、みんなそんな平気な顔していられるんだ」と一人恐怖をこじらせていきます。

 

結局、どうしても家族を移民に納得させられない主人公は、ある強硬手段に出てしまいます。


そして最後ある人物が言うのです。


「本当に狂っているのは、彼なのか、我々のほうなのか」

 

2011年日本では歴史に深く刻まれるだろう大震災が起きました。

 

きっと、この震災が起こる前にこの『生きものの記録』を観ていたら、「なんだこの主人公?」という感想になっていたのではないかなと、自分でも思います。

 

しかし、あの自国の原子力発電所が文字通り吹っ飛んだ映像を見た後では、この映画の提示するものは、あまりに重くのしかかってきます。

 

わたしたちは、あまりに危険なものを身近に置いているのに、そのことを忘れがちです。

確実に存在するが目に見えない脅威を、見て見ぬふりして、なんとなく絶対に安全なふりをして生きているのだということに気づかされています。


慣れてはいけないことに慣れてしまっているのでは、それって、一見まともに見えて、実はすごく愚かで狂ってることなんじゃないか?とこの映画は突きつけてくるのです。


この映画が公開されたのは1955年ですが、2018年の今でも、身につまされる思いをする映画です。


ぜひご覧ください。

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら