黒澤明監督の映画を無料で見れる動画サイトを紹介します

没後20年を記念して黒澤映画の見放題キャンペーンを実施中です。無料視聴法の詳細をご紹介します。

黒澤明の映画 虎の尾を踏む男たちのあらすじ【無料視聴サイトの紹介も】

黒澤明監督作品の「虎の尾を踏む男達」は制作1945年(昭和20年)で公開は1952年(昭和27年)。戦時下に作成されたこともあり、公開は大幅に遅れることとなりました。

 

f:id:koaragogo011:20180906155820j:plain

動画配信サービスで有名なU-NEXTでは黒澤明没後20年を記念して黒澤監督作品を見放題サービス中です。


無料の会員登録をするだけですぐに視聴できます。


こういうチャンスを生かさない手はないと思うので、必ずチェックされるのをオススメします。

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

虎の尾を踏む男達 ネタバレ


源義経と六人の従者が、頼朝の守る安宅の関所をどうにかこうにか通り抜けるというお話。

義経は兄頼朝に追われる身です。


六人の山伏に変装した家来を引き連れ、藤原秀嗣の所に落ち延びようとします。


そのためには安宅の関所を通らなければなりません。


関所に着くと関守の富樫と梶原が待ち構えて居ました。富樫は「頼朝の命令により、義経が山伏に変装しているため、山伏はここを通せない」と言います。

 

義経の家来、弁慶は山伏に成りきって、勧進帳を読みます。

 

勧進帳には何も書かれていません。富樫は本当の山伏だと信じ、義経一行を通してしまいます。義経一行が通るとき、梶原の家来が「待て」と言います。


「強力が義経に似ている」と。義経は強力に変装しています。


家来の弁慶は杖で変装している義経を殴りまくります。家来が主人を殴ることは無いと思い、関所を通すことになります。


多分見ている最中に誰もが思うことでしょうが、強力役のエノケンがすごいです。


退屈になりかねない映画を、そこそこにやっていれば場を崩すかもしれない滑稽役を思いっきり演じているので、結果始終鑑賞を楽しめる作品になっているのが素晴らしいです。


さすが入院したときにハロルドロイドに見舞いされたクラスのお方。

 

このストーリーはやはり正体を見破りながらも、弁慶の心情を慮って通す富樫が男らしくて好きです。

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら