黒澤明監督の映画を無料で見れる動画サイトを紹介します

没後20年を記念して黒澤映画の見放題キャンペーンを実施中です。無料視聴法の詳細をご紹介します。

黒澤明のデルス・ウザーラのネタバレ ただいま没後20周年記念キャンペーン中!

デルス・ウザーラ』は日本とソ連の合作映画で、1975年に公開されました。


動画配信サービスで有名なU-NEXTでは黒澤明没後20年を記念して黒澤監督作品を見放題サービス中です。

無料の会員登録をするだけですぐに視聴できます。

こういうチャンスを生かさない手はないと思うので、必ずチェックされるのをオススメします。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら


デルス・ウザーラ」はロシアのハバロフスク地方の大自然を舞台にした、探検家一隊と現地の猟師「デルス・ウザーラ」との交流を描いた作品です。


主人公の探検家アルセーニエフは、森の中でゴリド人の猟師デルスと出会い、道案内を頼みます。

 

最初、主人公や探検隊の仲間たちは、物や太陽、ただの火まで人間として扱い話しかけるデルスに対し、「変な奴」と面白がっていたのですが、次第にデルスの自然に対する敬意を持った考え方、他人への思いやり、自然界で生き抜く驚異的な能力を目にし、デルスを尊敬するようになっていきます。

 

特にアルセーニエフはデルスに間一髪のところを救われたこともあり、デルスを親友として慕うようになります。


しかし、自然の中で生きることは、たとえデルスにとっても簡単なことではありませんでした。


デルスは「老い」という、どうしても避けられない苦しみから、次第に自然で生きることと自分の出来ることが噛みあわなくなってきていることに気づきます。

 

そしてデルスは、自然の中で生きることをあきらめ、アルセーニエフの家に居候することになるのですが…。

 

人には輝かしく生きられる場所と、死んだようにしか生きられない場所があるのだということ、死んだようにしか生きられない場所では、人は病んでいくのだということ、これらをまざまざと感じさせられる映画でした。


野に生きてきた獣が檻に閉じ込められるとどうなるか、海原を自由に泳いでいた魚が水槽に入れられるとどうなるか。

 

デルスはどうしても、人間の作った社会の中で生きていくことができませんでした。


ロシアの美しい大自然と、そのなかで起こる残酷で悲しい物語のコントラストに、胸打たれる作品です。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら