黒澤明監督の映画を無料で見れる動画サイトを紹介します

没後20年を記念して黒澤映画の見放題キャンペーンを実施中です。無料視聴法の詳細をご紹介します。

映画 一番美しくのあらすじ 黒澤明没後20年キャンペーンにつき無料視聴できます!

黒澤明の「一番美しく」は、1944年(昭和19年東宝製作の映画です。もちろんモノクロ作品。

 

f:id:koaragogo011:20180906145739j:plain

 

動画配信サービスで有名なU-NEXTでは黒澤明没後20年を記念して黒澤監督作品を見放題サービス中です。

 

無料の会員登録をするだけですぐに視聴できます。


こういうチャンスを生かさない手はないと思うので、必ずチェックされるのをオススメします。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

「一番美しく」のあらすじ

 

「一番美しく」は大平洋戦争末期の軍需工場の少女工員たちを描いた、零戦も戦艦も空襲もなく、死者さえ出ない戦争映画。


非常増産強調運動と題して女子に課せられた増産割当は、現行の5割。


しかし彼女たちはそれに満足せず、「もっとできると思うんです」と男子(増産割当は10割)の3分の2の目標を掲げます。


最初のうちは生産量がどんどん伸びていくのだけれど、次第に疲労が蓄積し、けが人が出たり、些細なことで工員たちの間にケンカが起こったりするようになります。


少女たちは大人たちの助けもありつつ、困難を乗り越えてゆく……それはまさに後のスポ根ものを思わせるものです。

 

「人格の向上なくして、生産の増産無し」


なんて言葉が良く出てくるんですが、これなんて少し言葉を変えればスポ根ものに出てきそうな台詞ですよね。


戦時中に日本の戦後が形作られていたという言説があるそうなんですが、それを確認できるようなシーンが結構あったことが印象的でした。


後のスポ根に似ているという部分は勿論。親の反対を押しのけて、工場勤務に励む姿に家制度の衰退を見ることが出来るでしょうし、女子の増産量が男子の半分であることに抗議して、増産量を増やすように頼み込むことなんて、ウーマンリブのはしりと見ることも出来るでしょう。


また画面の端々に現れる軍国主義にどっぷりはまった日本の姿を物珍しげに見るだけでも、楽しめるかもしれません。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら