黒澤明監督の映画を無料で見れる動画サイトを紹介します

没後20年を記念して黒澤映画の見放題キャンペーンを実施中です。無料視聴法の詳細をご紹介します。

黒澤明の映画 生きる 感想&無料視聴方法はこちら!

黒澤明監督作品「生きる」は、1952年(昭和27年)東宝製作、配給で劇場公開されました。主演は志村喬です。

 f:id:koaragogo011:20180906144506j:plain


動画配信サービスで有名なU-NEXTでは黒澤明没後20年を記念して黒澤監督作品を見放題サービス中です。

 

無料の会員登録をするだけですぐに視聴できます。


こういうチャンスを生かさない手はないと思うので、必ずチェックされるのをオススメします。

 

 

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら

 

「生きる」あらすじ


情熱を忘れてしまい、役所で与えられた仕事を流れ作業のように行っている男性が、自分が胃癌に侵されていることを知り、これまで当たり前に通っていた仕事をやめて、パチンコなどに明け暮れ、それでも心は満たされることがなく、役所をやめておもちゃやに働こうと決め、そこで子供が喜ぶおもちゃを作る女性に出会い、その後市役所に戻っていき、五ヶ月もたたずに男性がなくなってしまいます。

 

情熱を失い、死を意識し、自分の人生というのを見つめていくという、黒澤作品のなかでもヒューマンドラマに溢れた作品だと思います。死を意識していないと出来なかったことや、当時のお役所仕事に鋭く目をつけた黒澤監督は素晴らしいと思います。


この作品を見て、私は今何をすることができるのか、本当に今行っていることが正しいことなのかということを常々考えながら行動をしなくてはならないと考えるようにもなりました。

 

市役所に戻った主人公がその後公園の整備などに力をいれていたことを知った家族はきっと誇りだっただろうと思います。自分が死んだときに、誰かが自分の生きていたことに誇りを持つことができるような生き方をし、死を受け入れていかなくてはならない、そう思わされる映画です。

 

?

>>黒澤29作品無料キャンペーンの詳細はこちら